【肌トラブル】敏感肌のスキンケアのポイント♪手堅く美肌を作るコツ

敏感肌のスキンケアのポイント

急に寒くなったり暑くなったりすると、身体が付いていけないばかりか肌もその変化についていけないことで、乾燥したりあせもができたりします。

季節の変わり目による刺激から敏感肌になるケースもあります。

敏感肌の方のためのスキンケア方法と手堅く美肌をつくるコツをお伝えします。

#肌トラブル #敏感肌 #スキンケアのポイント #美肌を作るコツ

敏感肌になってしまう主な要因とは♪

人気な理由

●季節の変わり目に敏感肌になりやすい

●食生活の乱れや偏食から敏感肌になりやすい

●間違ったスキンケアから敏感肌になりやすい

●寝不足が続くと敏感肌になりやすい

●月経の前後・妊娠すると敏感肌になりやすい

敏感肌用のおすすめ化粧水ランキング♪

敏感肌に肌育低刺激おススメ化粧水 人気・実力ランキングベスト3選♪

敏感肌に肌育低刺激おススメ洗顔石鹸 人気実力ランキング5選

敏感肌のスキンケアのポイント

間違ったケアで肌を痛めた結果、混合肌や脂性肌、乾燥肌といった肌質にかかわらず、誰でも敏感肌になる可能性は避けられません。

肌は角質層のバリア機能によって外部からの刺激や異物の侵入を防いでいます。

バリア機能が乱れると、角質層が剥がれたり、保湿成分が流出することがあります。

敏感肌から早く卒業しましょう♪

敏感肌からの卒業

敏感肌というのは、乾燥肌がベースとなっているものと、食物や化学物質などの影響を受けてアレルギーを起こしている場合の2つがあります。

乾燥肌がベースとなっているものは、生活環境やスキンケアで徐々に改善できます。

敏感肌は「とてもデリケートな美しい肌」と、思っている人もいるみたいですけど、それは間違いです。

敏感肌はちょっとしたことで刺激を受けやすく、傷つきやすい肌だから、適切なスキンケアを続けて一刻も早い「卒業」を目指していきましょう。(^_-)-☆

敏感肌の原因がアレルギーの場合

敏感肌か、アレルギーなのかを見極める方法はとても難しく、自己判断は禁物です。

何が原因かわからなければ、医師の診断をおあぎましょう。

アレルギーを起こす物質

アレルギーを起こす物質から炎症を起こしている場合があります。

・化学繊維のインナーや洋服

・金属のアクセサリー

・化粧品

・洗剤

・薬品

いろいろと化粧品を試すのはガマン!

女性なら誰でも、いろいろな化粧品を試してみたいと思うのは当たり前です。

でも、敏感肌に方にとってはかぶれやかゆみ、赤らみの原因となる可能性が高いので、普通に戻るまでは控えましょう。

ガマンをする時も必要です。

敏感肌に適したスキンケアを続けて、肌の乾燥感を無くすことで、バリア機能が徐々に復活し、次第に普通肌に戻ってきます。

そのため、基本的には保湿に重点を置いたケアがポイントとなります。

ただし、保湿ケアをしていても赤みだ出たり、かゆみが出た場合、何かしらのサインが出た場合はすぐに病院で診断して、炎症を抑える対策を行うようにしてください。

心と体を癒して健康な肌を取り戻す方法

敏感肌の治し方

敏感肌は、体、そして肌からのSOSです。

敏感肌の皮膚は、角質層の水分保持力や皮脂量が不十分となり、刺激に対して弱くなっている状態です。

そのため、スキンケアで肌の乾燥を防ぐことが重要になってきます。

ていねいに洗顔した後、化粧品を付けて水分を補給し、水分が蒸発しないように乳液かクリームの油分でフタをします。

敏感肌の人は、できるだけシンプルな化粧品を選ぶようにしてください。

アルコール・鉱物油・香料・着色料・合成界面活性剤・パラペンなどの刺激のあるものが入っていない化粧品を選びましょう。

健康な肌になるために

突然敏感肌になったとしたら、それは何かしらの理由があります。

体調が悪かったり、疲れがたまっていたり、無理を重ねているような時は、スキンケアに気を配ると同時に、心も体もゆっくり休息をとるようにしてください。

肌のターンオーバーの回復には、睡眠を十分に取ったり、入浴の時リラックスすることが大切です。

月経前に敏感肌になりやすい人は、体を温めるようにしましょう。

皮膚の抵抗力を高める食事を心がける

皮膚の抵抗力を高めるためには、たんぱく質やビタミンB2、ビタミンB6、カルシウムを多く含む食品がおすすめです。

昨今のスイートブームの中、甘いものの食べ過ぎは「腸内細菌」の減少につながり、皮膚の抵抗力を弱めてしまいます。

敏感肌だなと感じたら、いつもより控えめにしましょう・

皮膚のバリア機能を高めるためには4、規則正しい食事が一番です。

タンパク質

ヨーグルト、鶏むね肉、豚ヒレ肉、納豆、豆腐、かつおなど

ビタミンB1

プロセスチーズ、レバー、ウナギのかば焼き、いわし、卵など

ビタミンB6

鶏のささ身、さけ、モロヘイヤ、さつまいも、バナナ、アボガドなど

カルシウム

牛乳・わかさぎ、煮干し、小松菜、菜の花、ごま、わかめなど

体調管理はサプリメントが手っ取り早い♪(姉妹サイト)

七宝美人 美容外科医がすすめるメノポーズサプリ

ネムリス 睡眠の質を高めるサプリ

ベビー乳酸菌 発酵乳酸菌エキスが腸に効く

美健めぐりんぱ Tie2ヒハツ配合めぐり代謝サプリ