ニキビができた時のUVケアはどうするの?悪化させない紫外線対策

ニキビができた時のUVケアはどうするの?悪化させない紫外線対策

ニキビができた時のUVケアはどうしたらいいのでしょうか。

日焼けによってさらに悪化してしまう場合もありますので、ニキビ肌や敏感肌でもOKという日焼け止めも市販されているので試してみましょう。

#ニキビの時の #UVケア #悪化させない #紫外線対策

ニキビを悪化させない紫外線対策

ニキビを悪化させない紫外線対策

紫外線は、ニキビの時ばかりでなく、肌にとっても最大ともいえる大敵です。

シミやシワの原因となったり、肌老化を招き、皮膚ガンのもとになることもあります。だから、UVケアは徹底するべきです。

正しくケアして、紫外線によるダメージを食い止めましょう。

UVケアは1年中必要です

UVケアは1年中必要です

真夏の太陽がぎらぎらする中での外出には、誰もが積極的にUV対策をします。

でも、紫外線は冬でも、曇りの日でも、毎日降り注いでいます。UVケアは、1年中、どんなときにも必要なのです。

日差しが強いと、紫外線も強いと思われがちですが、実は紫外線自体に熱があるわけでもなく、眩しさもないのです。

そのため、紫外線を浴びている実感がなく、うっかり日焼けをしてしまうことが往々にしてあります。

ニキビをつぶしてしまった場合、傷ができたところは避けて、日焼け止めを塗った方がいいのですが、海や山などへ行く場合は、逆にしっかり塗った方がいいです。

ニキビの時のUVケアを選ぶときの注意点

ニキビの時のUVケアを選ぶときの注意点

まず、日焼け止めを選ぶときに確認したいのが、表示です。

「SPF」「PA]。

これらは、紫外線をカットする力を表す紫外線防御指数です。

SPFは、紫外線B波をカットする力で2~50の数字で表示されます。

PAは、紫外線A波をカットする力を示しています。

「+」「++」「+++」の3段階で表示されます。

ニキビの時は、数値の低いものを選ぶのがコツです。

ニキビ肌を考えるのなら「ノンケミカル」を選ぶ

できる限り、紫外線をカットしたいという想いが、SPFやPAの数値の高いものを選びがちです。

しかし、効果の高いものほど、日焼け止めの成分自体が肌への刺激となることも忘れないようにしましょう。

日焼け止めの成分には、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤は、紫外線効果が高いのですが、刺激が強く、肌荒れを招くことがあります。

一方、紫外線散乱剤は、吸収剤に比べると肌にはやさしいのですが、皮脂や水分を吸収するため、肌が乾燥しやすくなってしまうというデメリットがあります。

ニキビや肌の弱い人や、毎日使う人であれば、紫外線吸収剤を配合していない、「ノンケミカル」のものを選ぶとよいでしょう。

■【ビタミンCを使ったスキンケア】

ニキビにおススメビタミンC誘導体を使ったスキンケアランキング

紫外線の強いところに行くときはカラダの内側からケア

紫外線の強いところに行くときはカラダの内側からケア

海や山などの紫外線が強いところへ行くときや、レジャーなどで一日中外にいるような時は、ノンケミカルにこだわらず、SPF50、PA+++程度のUVカット効果の高いものを選ぶといいでしょう。

必要であれば、ウォーターブルーフタイプを使いましょう。

厚めにしっかり塗り、汗や水で日焼け止めが落ちてしまったら、塗りなおしてください。

ただし、ニキビの時や肌の弱い人の場合、数値の高い日焼け止めを使うと、かぶれてしまう場合があります。

そんな時はニキビ用・敏感肌用の日焼け止めを使うと有効です。

お出かけ日が決まったら2週間前からの日焼け対策

ビタミンCは、積極的に摂取しましょう。

ビタミンCには、抗酸化力があり、紫外線に対する抵抗力をつけることができます。

もしも、レジャーなど出かける日がわかっているのなら、2週間ほど前から、ビタミンCを多めに摂るようにしておくと、体の内側から紫外線対策ができるのです。

最近では、ビタミンCや、日焼け止めサプリメントでの摂取が便利ですね。

ニキビができている時の生理前や妊娠中には特に注意する

ニキビができている時の生理前や妊娠中には特に注意する

女性の体は、生理周期によってホルモンバランスが変わっていきますが、毎月の生理前に訪れる、「黄体期」には、紫外線感受性が高まります。

普段よりも紫外線に敏感になって、に焼けしやすくなっているので、特に念入りなUV対策が必要です。

黄体期(始まりから2週間後)は、排卵から生理が始まるまで続きます。

また、妊娠中はシミができやすくなるのは、ホルモンのせいだけではないようです。

体調がスッキリしないためにスキンケアがおざなりになったり、仕事に行かないからとノーメイクで過ごしたりということも原因です。

最後に

ニキビ中は基礎化粧品にも気を使いますよね。

でも、いつも通り使っても大丈夫です。「脂っぽい」といって、石鹸や洗顔料でしつこく洗うのはNG。

化粧水もたっぷり使いましょう。乳液やクリームなど、油分を含んだものを付けた後は、ニキビのできている部分をティッシュで軽く押さえてください。

ニキビができた時のメイクも、ニキビ用のものがおすすめですね。

■【ニキビの時のUVケアおすすめランキング♪】

ニキビの時のおすすめUV対策♪口コミスーパーランキング比較7選

ニキビの時のおすすめUV対策♪口コミスーパーランキング比較7選