大人になると赤ちゃんのような肌が保てないのはどうして?

大人になると赤ちゃんのような肌が保てないのはどうして?

ツルツルスベスベの赤ちゃんでも、生まれた瞬間から、肌老化は始まっています。

進む肌のエイジングにだれしも不安を覚えますが、「敵を知る」ことで、どうして肌の老化が起こるのかがわかり、若々ししさを取り戻す方法も見えてきます。

また、女優さんがキレイな理由もお伝えしたいと思います。

#赤ちゃんのような肌 #保てない理由 #キメが細かい #女優さんがキレイな理由

大人になると赤ちゃんのような肌が保てないのはどうしてでしょう?

大人になると赤ちゃんのような肌が保てないのはどうしてでしょう?

キメが細かくて、ツヤツヤ、ぷっくりした赤ちゃんお肌。

だれもが「あんな肌だったらな」と思いますよね。でも、残念ながら、一生その肌でいることはできません。

ひとつには、紫外線の影響があります。UVケアをしても、すべて防ぐことは難しいことです。思春期以降は今度はホルモンが影響してきます。

ニキビができやすかったり、乾燥しがちだったり、逆にツヤツヤと絶好調だったり、ホルモンバランスによって、肌の調子は大きく変わります。

さらに、日々の生活習慣の影響です。

食べ物や睡眠、ストレスなどが、肌に表れてきます。大人になるということ、生きてゆくということは、それらすべてを受け止めながら、成長していくということです。

変化を前向きにとらえながら、キレイに近づくヒントを、当ブログでは説明しています。

■【おすすめの美容コラム♪】

ニキビができた時のUVケアはどうするの?悪化させない紫外線対策

面倒くさがりな女の子でも「最低限しておいた方がいい」ことは?

面倒くさがりな女の子でも「最低限しておいた方がいい」ことは?

それは、洗顔と基礎化粧品(スキンケア)、そして、日焼け止めをつけることです。

路上に平気で座り込んだり、着替えや入浴を面倒に感じる「汚ギャル」の一面がある人は、いま一度考え直した方がいいでしょう。

不潔にしていると、病気になりやすく、キレイになることも健康も、どんどん遠ざかってしまいます。

外食が多い生活ですが問題はありますか?

皮膚の抵抗力を高める食事とは

糖質を多く摂らないようにしましょう。

糖質は、スイーツだけとは限りません。ご飯やパン、麺類といった「主食」も含みます。

油ものに関しては、皆さんダイエットの知識があるので、出来るだけ控えるように気を付けていると思います。

しかし、日本人が一番気をつけなければならないのは糖質です。糖質のとりすぎが、肥満や肌荒れの原因となっています。

外食なら、丼ものやスパゲッティー、ラーメンといった「一品もの」は避けて、定食や総菜の組み合わせなど、できるだけいろいろな栄養を摂れるメニューを選びましょう。

また、コンビニで買うなら、おにぎりや甘い菓子パンではなく、サラダや肉類をはさんだサンドイッチ、具の多い総菜パンを選びましょう。

■【おすすめ美容コラム♪】

青汁が体にいいのには理由がある♪美肌・健康効果・ダイエット効果

お肌のためには何時間寝るといいですか?

お肌のためには何時間寝るといいですか?

お肌のゴールデンタイムという言葉もあるほどです。

午後10時から午前2時の間は、肌のターンオーバーを促す「成長ホルモン」が活発に分泌するとされる時間です。

だから、この時間には確実に寝ているのが、もっとも肌のためには良いとされています。

ただし、それはあくまでも理想であり、現実的には午後10時にベッドに入れる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

私は、この4時間のうち、少なくとも1時間でいいから、眠れていればそれでいいと考えています。

ただし、熟睡していればという条件です。起きると、いつも疲れが残っているという人は、熟睡できていない可能性があるので、上質な睡眠のための工夫をしてみてください。

必要な睡眠時間は、6~7時間が目安ですが、個人個人で差があります。いくら寝ても足りないという人は、睡眠の「量」ではなく、「質」が不足しているのだと思います。

■【眠りのための商品レビュー♪】

睡眠の質を高めるサプリ【ネムリス】有効成分の働きと商品レビュー

タレントさんや女優さんはどうしてキレイなのでしょうか?

タレントさんや女優さんはどうしてキレイなのでしょうか?

テレビに出ると、どんどんキレイになるとよくいわれています。

私も実際に、いろいろな方にお会いして、キレイだし、若々しい方が多いな、と実感しています。

それは、人に見られているという意識から、いつもキレイでいようという、心構えでいることが大きいと思います。

それに、テレビの仕事では、しっかり表情もつくる、ハッキリ滑舌よくしゃべるということも、大切な要素だと考えています。

これらを、日常的に実践していると、血流がよくなると同時に、表情を作る筋肉が鍛えられます。一種のマッサージ、ストレッチ効果ですね。

みなさんへのアドバイスとしては、朝、鏡の前でにっこり笑ったり、口をすぼめたり、いろいろな表情を作ってみるといいですね。

話すときも、口を大きく動かしてください。顔のストレッチになりますし、話している相手に与える影響もアップしますから。

表情を豊かにする訓練その1「あわ歌」

私が実践している、朝のルーティーンのひとつに、「あわ歌」があります。

朝のルーティーンはだいたい10分くらいかけて、軽いストレッチと、顔のマッサージと、あわ歌です。

あわ歌とは、古くは「天照大神」の時代から受け継がれ、歌い続けられている、現在の「あいうえお」のような古代の、5・7・5の和歌であり、日本の言葉です。

それを鏡の前で、喉ちん子が見えるくらい大きく口を開けて、声に出して読み上げます。

1ヶ月もすると暗記してしまいます。

まずは、伊勢神宮で今でも歌われ続けているあわ歌の動画をご覧ください。

あかはなま、いきひにみうく、ふぬむえけ

へねめおことの、もとろそよ。

をてれせいつる、すゆんちり、しいたらさやわ。

自分で好きなメロディーをつけてもいいですし、ただ読み上げるだけでもいいですが、口大きく開いて声に出して読むことが大事です。

昔から言葉には、言霊が宿るといわれています。ひとつひとつの言葉をかみしめて発音しましょう。

5・7・5の部分の5の部分は基礎の部分、7の部分は未来の部分です。

おなじ口をおけて大きく言葉を発するなら、縄文の時代から続けられている「あわ歌」に日本人の心が沁みますね。

最後に

1年のうちの、肌の状態が最も良い時期は、「梅雨時ドキ」です。

曇りや雨の日が多く、紫外線が弱いのと、適度な湿気があるからです。東北の人の肌がきれいなのは、これも気候に関係しているといわれています。

1年を通して、曇りがちで、雪が高く積もるのを見てもわかるように、湿気が多い地域なのです。

乾燥しがちな地方でも、梅雨の時は一時的に東北の気候に近くなります。

逆に、気を付けたい時期は、紫外線が強くなる、初夏から秋にかけてです。また、乾燥が進む冬も、肌のコンデションに十分配慮しましょう。

秋の始めから、乾燥対策をはじめて方がいいですよ。

■【おすすめ美容スーパーランキング♪】

50代から変えるシミ・シワ洗顔石鹸おすすめ人気ランキング♪7選

敏感肌も安心低刺激化粧水おすすめランキング