お肌のキレイは腸内フローラと密接な関係がある!美肌を作る3ステップをご紹介

美肌のキレイの源は食と栄養♪毎日のバランスに必要なチャージとは

お肌の健康は体の健康と密接な関係です。

キレイな肌をつくるための美肌の条件は、スキンケアでもなければ、メイクでもありません。

それは、必要な栄養を毎日バランスよく食べて、腸内を健康にし、便通が良くなり、腸内環境が整ってきて、すべての臓器や細胞に栄養が行き渡るようにすることが、素肌のキレイの源なんですね。

お肌のキレイは腸内フローラと密接な関係がある!美肌を作る3ステップをご紹介します。

#美肌を作る食と栄養 #バランスのとれた食事 #必要なチャージ #美肌の常識

美肌を作るのはスキンケアでもなければメイクでもありません!

腸内環境を整えるため必要なチャージとは

悩み多き女性
悩み多き女性
毎日しっかりスキンケアをしているつもりなのに、肌トラブルが起こるのは、腸内環境が原因だったんですか?
お肌のキレイはスキンケアやメイクだけでは手に入れらません!毎日の食事は、キレイと密接な関係があります。食べ物から吸収された栄養は、まず脳や心臓、その他に生きていくために重要な臓器に送り届けられます。需要な臓器にいき渡ってから初めて、肌に届けられます。美肌のためには、さまざまな栄養をバランスよく、肌まで行き渡るように十分に取る必要があります。
元美容部員ヨーコ
元美容部員ヨーコ

肌も含む体内の臓器は、すべて食べ物から作られているからなんです。では、肌に良いとされる栄養を摂ればすぐに効果は表れるのかというと、答えは「ノー」です。

体が吸収できる栄養の量は決まっているので、毎日少しずつ、いろいろな食材を食べていくことが大切なんですね。

糖分を取り過ぎると肌荒れのもとに

糖分を取り過ぎると肌荒れのもとに

バランスが大切といいましたが、もっとも気を付けたいのが、三大栄養素「糖質」「タンパク質」「脂質」の摂取量です。

糖質とは、甘いものだけでなく、ご飯やパン、麺類などの主食にも多く含まれています。

現代の日本人は、糖質を取り過ぎています。肥満の他、ニキビやシミ、くすみ、シワ・たるみなどの原因ともなっています。

糖質を一切抜くことはかえって危険ですが、1日3食のうち、晩御飯は主食を抜いたり、白米を止めて玄米にしたり、食物繊維の多い穀物に変えるなどして、糖質を減らす努力が必要です。

糖質過多になると起こるトラブル

糖質過多になると起こるトラブル

糖質を取り過ぎると、エネルギーとして使われない分が、脂肪に変わり、肥満の原因となります。

「糖化」と呼ばれる、現象を起こし、肌のシワ、黄くすみ、たるみなどの原因になる。

肌の油分を調整している、ビタミンB群が、糖質の代謝で消費されやすくなります。すると、肌の油分のバランスが乱れて、ニキビができやすくなります。

積極的に野菜を摂りましょう。そして白米を食物繊維の多い、玄米に変えるのもおすすめです。糖質の吸収をゆっくりしてくれます。

糖質オフしてキレイを手に入れる

糖質オフしてキレイを手に入れる

良質なタンパク質や脂質がとれる、現代の食生活では、糖質をたくさんとる必要はあまりありません。

むしろ、取り過ぎている人が多いので、毎日の食事から少しずつ、糖質オフを意識していきましょう。

 甘いカフェラテ、ジュース、菓子パンは、ほぼ糖質で構成された朝食になっています。野菜ジュース、サンドイッチ、コンソメスープ、チーズオムレツなど、手早く作れる卵料理がおすすめです。
 カレーライス、どんぶりものなどは糖質が多くなりがちです。ランチは午後に必要なエネルギーのため、主食にはご飯を食べてもOKです。主食を抜くのなら、冷ややっこなどのタンパク質を1品加えてもいいですね。
 1品にしてカロリーを気にしても、糖質中心のメニューになっていないのかチェックしてください。鶏肉、豚肉など、野菜の煮物、ひじきの煮物などの海藻類、主食をとるなら、食物繊維の多いものを選びましょう。主食の量は減らして、おかずを増やすのがコツです。

美肌をつくる3つのステップ

美肌をつくる3つのステップ

食べ物からとった栄養は、吸収され、全身に行き届いてから初めて、肌にいきわたります。

栄養と同時に大切なのが、腸の状態です。便秘をすると、ニキビができたり、肌が荒れてきます。

これは、腐敗したガスが、腸内に溜まり、栄養の吸収率が下がってくるからです。

体内に必要な栄養素を届けることができずに、肌にも悪影響が出ている状態なんですね。

ステップ1:栄養バランスのとれた食事

ステップ2:便通が良く、腸内環境が整っている

ステップ3:体内のすべての臓器に栄養がしっかり届いている

この3つのステップが、美肌を作る常識になっています。

キレイをプラスする栄養素とは

キレイをプラスする栄養素とは

生命活動に大切な栄養素といえば「酵素」です。

ビタミンやミネラル、酵素、乳酸菌なども素肌キレイを目指すのなら、積極的に摂りましょう。

酵素とは、体の中にもともと存在するもので、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類に分けられます。

食べ物を消化して、栄養をエネルギーに変えたり、細胞を作るなど、生命活動と密接にかかわっています。

ところが、体内にある酵素は、加齢によって減っていくほか、偏った食生活やストレスで、毎日の生活の中で消費されていまいます。

酵素は、野菜や果物、肉、魚などすべての食べ物に含まれています。だから、私たちは必要な酵素を、自ら選んで補うことができるのです。

熱に弱い酵素

ただし、酵素は熱に弱く、48度C以上で死滅してしまいます。

だから、サラダ、お刺身など、生のまま食べる献立を1日1食は取り入れるようにしましょう。

また、納豆やキムチ、漬物、味噌、醤油など酵素が豊富に含まれている発酵食品も上手に活用しましょう。

油は、高カロリーなため、敬遠されがちですが、上質な油をとることも、美肌には必要な成分なのです。

脂質はエネルギーとして使われるほかに、細胞や女性ホルモンの元にもなり、肌をつくり物質です。

オリーブオイルやごま油、紅花油など、体に良い油を選んで、毎日の食事に加えましょう。

最近では、魚油系の「オメガ3系」なども注目されています。

酵素

加工食品が多い現代の食生活では、酵素が不足しがちです。消化や栄養素の代謝を助ける酵素は、健康や美容に欠かせない、はたらきをする栄養素です。

生の酵素や発酵食品を毎日食べるようにしましょう。

食物繊維

果物や海藻類に含まれる水溶性と、根菜や豆類に含まれる不溶性があります。

どちらも、どちらも糖質の吸収を抑えたり、排便をうながして、腸内環境を整えてくれます。

乳酸菌を活性化させる効果もあります。

ミネラル

骨や歯をつくったり、神経伝達にかかわって体の調子を整えてくれる栄養素です。

体内で作ることはできないので、食べ物から摂る必要があります。三大栄養素にビタミン・ミネラルを加えて、五大栄養素とも呼ばれています。

必須ミネラルは、16種類あり、その中でも特に、牛乳や乳製品に含まれるカルシウム、レバー、魚介類、豆類などに含まれる、鉄分などが女性は不足しがちです。

良質な油

油は、細胞膜や女性ホルモンのもとになります。

また、体内の余分な脂肪を減らすにも、油が必要なのです。植物油はコレステロールを減らして、血圧を下げたりする効果もあります。

エキストラヴァージンオイルをはじめ、ごま油、しそ油、DHA・EPAを含む青魚のオメガ3系の油などがおすすめです。

1日にスプーン2杯程度を、熱を加えずにドレッシングなどで摂るとよいでしょう。

乳酸菌

ビフィズス菌などの乳酸菌は、腸内細菌の善玉菌の一種です。

腸を動かしたり、腸内の水分を整えて排便をうながしてくれます。ヨーグルトや乳酸菌飲料には、動物性乳酸菌、味噌や漬物には植物性乳酸菌が生育しています。

ビタミン

酵素と同じように、栄養素の吸収や代謝を助け、さまざまな働きを担っています。

特に、抗酸化のビタミンA(βカロチン)、C、E は、美白に効果があます。体の中で作ることがほとんどできないので、食物からとらなければなりません。

たとえば、ビタミンCなど、水溶性のものは、尿で排出されるので、毎日少しずつ摂るのが理想的です。

逆に、ビタミンA、D、K などの脂溶性ビタミンは、体内にたまるので、取り過ぎると副作用を起こす可能性もあります。

相乗効果をもたらす栄養素の食べ合わせ

生野菜+揚げ物

野菜に含まれる消化酵素が、消化を助け、油の多い食べ物による胃もたれを防ぎます。

千切りのキャベツやおろし大根など、細かくすることで、酵素そのものが吸収されやすくなります。

糖質+食物繊維

ご飯やパン、麺類など糖質を食べる際は、糖質の吸収を抑えてくれる野菜などの食物繊維と合わせて摂るようにしましょう。

糖質+ビタミンB群

ビタミンB群は、肌の油分を調整します。

糖質を摂ると、大量に消費されてしまうので、しっかり補充しましょう。

コラーゲン+ビタミンC

細胞のもととなるコラーゲンは、ビタミンCを合わせてとると、吸収が一段と上がります。

鉄分+ビタミンC

生理があるため、女性は貧血になりがちです。血流を良くすることは、肌の栄養を行き渡らせるためにも重要な成分です。

乳酸菌飲料の”落とし穴”

乳酸菌が生きたまま腸に届くからよいというわけでもない♪

赤ちゃんの腸内を調べたら、腸内フローラには大量のビフィズス菌が棲んでいた、ということから乳酸菌が体の健康を左右する存在だということが突き止められました。また、ヨーグルトを常食しているブルガリアでは健康寿命が高いことが知られています。

昔から知られている乳酸菌飲料といえば、「ヤク〇ト」「カ〇ピス」が有名ですよね。

「ヤク〇ト」もビフィズス菌は使ってないですよ。「ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株」って言っているでしょう?ラクトバチルスは耐酸性があるので生きたまま腸を通過して便から検出されますが、それも飲むのをやめると間もなく無くなってしまう。つまり、腸には定着しない。研究を続けていくなかで、そういうことが分かってきた。それは学会でも発表しています。ただ、それを言っても、みんななかなか理解しないんですね。参考文献:理化学研究所 光岡知足博士

カ〇ピスの歴史も古いですが、乳酸菌を殺菌して使用しているところがヤク〇トやヨーグルトとは大きく違います。死菌でも健康にプラスの効果があるかどうかということが、彼らにとっては重要なことだったんです。そこで、死菌(殺菌乳酸菌)にも効果があるのか、カ〇ピスの依頼でマウスを使った実験をしたんです。1970年頃のことです。その結果、マウスに殺菌乳酸菌飲料を加えたエサを与えると、普通の固形飼料を与えた場合より延命作用や抗ガン作用がずっと高いことがわかりました。しかも、マウスの腸内フローラ(腸内環境)を調べると、ビフィズス菌の菌数そのものが増えているんです。参考文献:理化学研究所 光岡知足博士

つまり、菌が生きているかどうかは問題ではないんですね。加熱処理して死んだ菌でも健康に作用することがわかってきたんです。

ヤク〇トには乳酸菌は入っていませんが、飲んで健康にはいいことは間違いないでしょう。

ただし、ヤク〇トもカ〇ピスを代表する乳酸菌飲料には、「甘い味」のものが多く、乳酸菌の健康効果より、糖分の取り過ぎによる害が心配なのです。

乳酸菌を摂取するなら、サプリメントなどの糖分を配合していないものがおすすめです。

イチ押し!おすすめ乳酸菌サプリメント

新人A子
新人A子
本物の乳酸菌サプリをご紹介します。腸内フローラに乳酸菌が増えると様々な健康効果が実感できます。成分、おすすめポイント、口コミ付で掲載しますので、お試しになるときの参考になさってください。

乳酸菌30兆個 ビフィリゴ10000

圧倒的な乳酸菌の配合量で選ぶなら♪

ビフィズス菌:約2,000,000,000個(20億個)
イソマルオリゴ糖:120mg
乳酸菌EC-12:約1,000,000,000,000個(1兆個)

ビフィリゴ10000
レベル★★★★★5.0 941

ビフィリゴ10000の成分と安全性

原材料名:乳酸菌末(殺菌乳酸菌体、デキストリン)、イソマルトオリゴ糖粉あめ、ビフィズス菌末(デンプン、ビフィズス菌乾燥原末)、デンプン / ヒドロキシプロピルメチルセルロース、ステアリン酸カルシウム、カラメル色素、微粒二酸化ケイ素、(一部に乳成分を含む)

製品に使用する原料はもちろんすべて検査済み。製造工場も国内有数の、GMP基準認定の資格保有工場のみを使用しております。

ビフィリゴ10000の特徴とおすすめポイント

腸内環境を良好にし、便通を改善してくれるビフィズス菌BB536を配合した機能性表示食品「ビフィリゴ10000」です。1日分で約20億個もの生きたビフィズス菌を摂取できる、サプリメントです!生きたビフィズス菌(生菌)は腸内まで届くと自力で働きだすのに対し、死菌は現存する腸内菌の餌にしかなりません。生きているビフィズス菌が重要なんです!

■ビフィリゴ10000の口コミと評判

●お腹の調子を整えてくれました。小さめのカプセルで匂いや味は無し
●お腹の急降下や体調の悪い変化は出ていません
●ビフィズス菌BB536や乳酸菌EC-12イソマルトオリゴ糖配合でお腹スッキリ
●腸内環境を整えて、お通じを改善する機能性表示食品
●半月ほど続けて飲んでいると、便の量が増えて、お腹が軽くスッキリしてきました

腸内環境が整えば、便秘解消だけでは無くて、お肌が綺麗になったり、免疫力もアップするので、本当に大切だなぁ、と、思います♪

■ビフィリゴ10000公式キャンペーン情報

お申し込みは断然定期便がお得です!

■通常価格:60粒入約1ヵ月分 6,000円(税抜)
■定期初回:83%OFF 990円(税抜・送料無料)
■2回目以降:20%OFF 4,800円(税抜・送料200円)
■定期しばり:3回 4回目以降10日前連絡後変更・休止OK
■支払方法:代金引換・GMO後払い・クレジット
■販売者情報:fine base 千代田区飯田橋4-7-11

5種の乳酸菌が一度に摂れるサプリメント「カルグルト」

乳酸菌でキレイになるなら♪

カルグルト
レベル★★★★★5.0 921

カルグルトの成分と安全性

ブドウ糖、有胞子性乳酸菌末(乳糖、有胞子性乳酸菌)、乳酸菌末、ビフィズス菌末、乳酸菌抽出物(卵を含む)、増粘多糖類、酸味料、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、ネオテーム)

カルグルトの特徴とおすすめポイント

カルグルトは、現代の日本人の腸内環境を助けるために、日本人の赤ちゃん由来の菌と、日本の伝統食由来の菌を配合しています。また配合されている乳酸菌抽出物LFK(FK23菌抽出物)は、酒さ(赤ら顔)治療剤としての特許取得をしております。日本人に合った、菌活・腸活を始めませんか?日本人由来の、ビフィズス菌×乳酸菌×乳酸菌抽出物を配合!それがカルグルトです。

■カルグルトの口コミと評判

●カルグルトにはたくさんの乳酸菌が含まれています。美味しいので続けられます
●日本人には日本の乳酸菌、日本生まれの乳酸菌サプリメントです
●お通じが悪くて、口元にあったニキビも劇的によくなりました。
●カルグルトは数種の乳酸菌が配合されている点でかなり優れた腸活サプリと言えそう
●乳酸菌は量より質と種類が大切!赤ちゃん由来の乳酸菌が十二指腸、小腸、大腸にまで届く
●ヨーグルトには入ってないビフィズス菌が入ってる!日本人のお腹に合う菌が入ってる
●毎日「スッキリ」を目指すあなたへカルグルトで内面ケアして、美肌になりましょう

カルグルトインスタグラムより

■カルグルト公式キャンペーン情報

5種類の乳酸菌通販限定定期コース

■プライス:30包入り1ヶ月分 8,000円(税込)
■定期初回:65%OFF 2,800円(税込・送料無料)
■2回目以降:50%OFF 3,980円(税込・送料無料)
■定期しばり:なし
■支払方法:代金引換・後払い・クレジット
■販売者情報:ルイスヴァージ東大阪市御厨南2-1-33

乳酸菌サプリおすすめランキング

最後に

いかがでしたか? お肌の健康は腸内フローラと密接な関係があるんです。美肌を作るのはスキンケアでもなければメイクでもありません!

腸内にどのようにして善玉菌が棲むつくのか、どのような方法で乳酸菌を植え付けられるのかが重要なんですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。