正しいスキンケアのための自分の肌質を知る方法♪セラミドの量が分るよ

正しいスキンケアのための自分の肌質を知る方法♪セラミドの量が分るよ

スキンケアで大切なことは、自分の肌質をきちんと知って、肌質に会ったケアをするということです。

オイリー肌、乾燥肌、混合肌、敏感肌では、それぞれのケアも違ってくるからです。

自分の肌質を知る簡単な方法から説明します。セラミドが多い肌質なのか、油分が多い肌質なのかがわかります。

#肌質を知る方法 #正しいスキンケア #セラミドの量

正しいスキンケアのための自分の肌質を知る方法

正しいスキンケアのための自分の肌質を知る方法

乾燥肌、オイリー肌など、肌質を判断する言葉を聞いたことがりますよね。

「わたしは乾燥肌」などど、自己判断している人もいますが、自分の肌質を誤解している人も多いようです。

まずは「水分(セラミド)」と「油分(皮脂)」を分けて考える必要があります。

■【おすすめ美容コラム♪】

大人になると赤ちゃんのような肌が保てないのはどうして?

簡単な方法で自分の肌質を判断できます

肌質は、水分が多い・少ない、油分が多い・少ないの、それぞれで判断して、4つのタイプのいずれかに分類されます。

よく「混合肌」という言葉が使われますが、混合肌という肌質はありません

Tゾーンがオイリーで、Uゾーンがノーマルなど、部分的な肌質が違うことを混合肌といっているのです。

ただし、TゾーンとUゾーンの肌質が同じ人はあまりいないので、そういう意味でいえば、ほとんどの人が混合肌ともいえます。

じつは、肌質はTゾーンではなく、Uゾーンで判断し、スキンケアもデリケートでトラブルの多い、Uゾーンに合わせて使うのが理想的です。

また、よくいう「敏感肌」とは何でしょう?

本来敏感肌とは、生まれつきのもので、セラミドが少ない肌や、アレルギー体質の人のことをいいます。

しかし、強すぎるクレンジングや睡眠不足によるターンオーバーの低下などで、肌が敏感になっている人もいます。

生活習慣などによって、自ら敏感肌を招いていないか、見直してみましょう。

自分の肌質を知る方法

まずは洗顔をします

自分の肌質を知る方法

1まずは、いつもの方法で洗顔します。

220分おく。化粧水など何もつけずに20分間おきます。

肌質は、「ノーマル肌」「オイリー肌」「オイリードライ肌」「乾燥肌」に分けられます。

初めは少し突っ張ってその後自然に潤ってくるなら

ノーマル肌

水分(セラミド)が多く、油分(皮脂)は少なめです。セラミドが多く、肌本来の保湿力があるため、洗いっぱなしでもひどくつっぱることはありません。

もっともトラブルを起こしにくい、キメも細かい肌です。

ノーマル肌のスキンケアは、強いクレンジング料を避けるなど、必要以上に肌への刺激を与えないよう気をつけながら化粧水+美容液での基本ケアを続けましょう。

■【おすすめのクレンジング情報♪】

FANCLマイルドクレンジングオイルがお得になった定期コースを開始

皮脂が浮いてベタ付いてくるなら

オイリー肌

油分(皮脂)が多めの肌です。テカリやベタツキが起こりやすく、ニキビができやすい肌です。

オイリー肌のスキンケアは、皮脂量は昼音の影響を受けるため、スキンケアで簡単に減らすことはできません。皮脂を減らすことよりも、水分を増やすことを考えましょう。

美容液などで、セラミドをはじめとする保湿成分を補うようにすれば、水分と油分のバランスがとれて、ひふぃだけが浮くことが防げます。

■【セラミドを増やすスキンケア♪】

ベタ付くけど突っ張るなら

オイリードライ肌

油分(皮脂)は多いけど、水分(セラミド)は少ない状態です。敏感肌になりやすく、また、ニキビもできやすい、もっとも肌トラブルを起こしやすい肌です。

オイリードライ肌のスキンケアは、オイリー肌以上に水分を維持できるようにする必要があります。美容液などで積極的にセラミドをはじめてとした、保湿成分を補いましょう。

■【おすすめ美容液ランキング♪】

肌がひどく突っ張るなら

乾燥肌

水分(セラミド)、油分(皮脂)の両方が不足しています。肌の水分を維持するセラミドが不足しているため、肌から水分が蒸発して、つっぱってしまうのです。

角質層のバリア機能が低下し、敏感肌になりやすい肌です。

乾燥肌のスキンケアは、保湿力が特に高い、セラミド配合の美容液を使うなど、肌が水分を維持する力を高めるケアを続けましょう。

■【乾燥肌を防ぐアイテムランキング♪】

1、敏感肌でも安心肌育する低刺激の化粧水おすすめランキング

2、エイジングケア・美肌・ニキビにイオン導入美顔器ランキング

急増する成人型アトピー性皮膚炎

急増する成人型アトピー性皮膚炎

目の周りの皮膚が赤くなり、カサカサしたり、かゆみが出たりといった症状。

「敏感肌」のような症状ですが、もしかすると、アトピー性皮膚炎の可能性もあります。

アトピー性皮膚炎は、子供の病気だと思っている人も多いのですが、大人になってから、「成人型アトピー性皮膚炎」になる人も少なくありません。

大人の場合は特に、顔に症状が出やすいのが特徴です。気になるときは、早めに皮膚科を受診しましょう。

最後に

健康な肌は、角質層の中でセラミドをはじめとする、保湿成分を自分でつくりだし、通常、角質層内に約20%の水分を保っています。

ところが、不規則な生活や加齢によって、保湿成分が不足すると、水分量が20%以下に低下することがあります。

これが「乾燥肌」の正体です。

乾燥肌になると、肌を守ろうとして、角質層が厚くなっていきます。角質細胞ができる過程を「角化」といいますが、肌が乾燥していると、通常よりも急いで角化が行われるため、未熟な角質細胞がどんどんできていしまうのです。

そうなると、角質層は厚く不安定になり、肌のバリア機能が、外からの刺激を受けやすくなります。

未熟な角質細胞が肌を覆うため、粉を吹いたようにカサカサしたり、化粧水が沁みたりします。

これが「敏感肌」の正体です。

肌の保湿力が失われると、さまざまな肌トラブルを起こします。よって、保湿力を高める必要が大事です。

そのため、保湿成分である「ヒアルロン酸」「セラミド」を配合した美容液などを、スキンケアに取り入れましょう。

残念ながら、肌の水分やセラミドは、年齢と共に減少する一方です。だから、化粧品などで、補ってあげることが必要なんですね。