ビタミンC、ビタミンC誘導体がニキビ・シミ・肌荒れ・美白に導く♪

ビタミンC誘導体を使ったニキビケアおすすめ人気ランキング♪5選

美肌に欠かせない成分として、古くから知られているビタミンCの美白効果ですが、ところがビタミンCの肌に対する効き目はそれだけではありませんでした。

ニキビ治療ばかりでなく、シワやたるみなどのエイジングケアにも、いま美容業界、皮膚科でもビタミンCの肌効果が大変注目されています。

ビタミンCの肌効果

お肌に良いビタミンそれがビタミンC。「そんなの知ってるよ」という方が多いようですが、ビタミンCの肌への効果・働きについてもう一度、理解しておきましょう。

ビタミンCの肌効果

ビタミンCの肌効果、美肌にためには欠かせない成分だったのです。

●コラーゲンの生成

ビタミンCは、皮膚を内側からふっくら持ち上げて、シワやたるみを改善します。ニキビ跡の「あばた」を治療する際にも皮膚科では採用されています。

●美白効果

メラニンの生成を促す、酵素チロシナーゼの働きをビタミンCは抑えます。

●抗酸化作用

ビタミンCは、多量に発生した活性酸素を取り込んで、通常の状態に戻す働きがあります。

●抗炎症採用

ビタミンCは、炎症を鎮静化する働きが高く、肌をすこやかな状態へ導きます。

●皮脂分泌の抑制効果

ビタミンCは、脂っぽさを軽減し、スベスベの肌状態へ導きます。

◆関連記事

やっぱり必要だった♪コラーゲンのしくみと働きと効果的な摂取方法

ニキビの治療効果を高めるビタミンC研究

ビタミンCを摂るタイミングは、1日に1g程度がいいとされていますが、一度にたくさん摂ればいいかというと、そうともいえません。

ビタミンCは、消化吸収されたのちに、全身の細胞にいきわたります。その際、まずは血管や脳や内臓など、生命にかかわる部分に優先的に使用されていきます。

だから、大量に摂取したとしても、皮膚に届く量はわずかです。

もしも、サプリメントなどで摂取するのなら、純粋なビタミンCで約3g以上摂取しなければなりません。

通常のビタミンCサプリメントだと1ヶ月分の3分の一を1日で消費してしまう計算になりますから効率としては悪いかも。

ニキビ肌に対してのビタミンC効果を考えたら

肌に対しての直接的な効果を考えたら、やはり皮膚から投与した方が効率が良いといえるでしょう。

ニキビの場合には、高濃度のビタミンCのローションが有効です。

ニキビの改善効果に加え、使っているうちに、「肌が白くなった」「顔がキュッと引き締まった」という、うれしい二次的な効果も望めるんですね。

ビタミンC誘導体ニキビケアおすすめランキング♪

ビタミンC誘導体を使ったニキビケア おすすめ人気ランキング♪6選

ビタミンCのデメリット

ビタミンCのデメリット

これだけ「美肌力」を持つビタミンCとはいえ、弱点もあります。

それは、ビタミンCはとてもデリケートで、空気や日光に触れると、酸化しやすい性質を持っています。

ビタミンCは、活性酸素を消去するという働きに優れているのですが、これは、自らが酸化する性質も高いということでもあるんです。

非常に不安定な物質のため、これまでは化粧品への配合も難しかったのです。

このような欠点を改善したのが、「ビタミンC誘導体」なんですね。

■関連記事

ワンランク上のビタミンC誘導体化粧水・美容液おすすめランキング9選

ビタミンC誘導体の登場

ビタミンC誘導体の登場

ビタミンCの化学名を「アスコルビン酸」といいます。

アスコルビン酸に、リン酸基がくっついたものが「リン酸型ビタミンC誘導体」です。

リン酸基がつくことで、ビタミンCは安定性をぐっと増します。すぐに酸化することもなく、化粧品への配合が可能になったのは、ビタミンCの進化ともいえるでしょう。

ビタミンC誘導体は、皮膚の中に浸透すると、フォスファターゼという酵素で、リン酸基と切り離されます。

つまり、肌の中で純粋にビタミンCに変わるわけですね。

純粋なビタミンCは、皮膚の中に入ると、抗酸化効果や、コラーゲンの生成といった、ビタミンC本来の力をフル発揮します。

また、ビタミンC誘導体と共に、規制緩和によって、化粧品に高濃度のビタミンCが配合できるようになった点も重要なポイントですね。

ビタミンCの効果は濃度に比例する

配合率10%、20%という、高濃度のビタミンCは、それだけで肌に対して目覚ましい効果が期待できます。

それまでは、通常化粧品に配合されているビタミンCの量は、こくわずかでしした。

それだけでも高濃度の純粋なビタミンCを塗ることが、どれだけ効果的なのかがわかりますよね。

問題は浸透力

しかし、いくら高濃度のビタミンCを与えたとしても、実は皮膚によってはじき返されてしまうのです。

皮膚は大変優秀な「バリア機能」を持っているからです。

肌内部の水分の蒸発を防ぎ、有害な物質が肌内部に侵入するのを防いでくれています。

もしも皮膚がなければ、いろいろな物質が、紫外線・宇宙線・PM2.5、また、水でさえも、体内に浸透してしまうでしょう。

お風呂に入っただけで、水を吸収して体が膨れ上がってしまうことになるでしょう。

これは逆に言えば、どんなに優れた成分だとしても、単に塗っただけでは、浸透には限界があるということが言えるのです。

さらに奥まで浸透させるにはイオン導入

成分を、より奥深くまで浸透させる方法として注目されているのが、イオン導入です。

さらに奥まで浸透させるにはイオン導入

雑誌やテレビで取り上げられるようになったので、ご存知の方も多いでしょう。

イオン導入は、もともと医療の分野で薬剤を浸透させるときに使われていました。飲んだり注射で投与するのが難しい薬剤を、肌に浸透させるための技術です。

イオン導入のしくみは、水溶性の薬剤をイオン化し、電流の力で浸透させるものです。

磁石を思い浮かべてください。

プラスとマイナスの異なる極同士は引きあり、おなじ極同士は反発しますよね。

ビタミンCはマイナスの電荷をおびています。このように電荷を帯びることを「イオン化」と呼んでいます。

水溶性のものであるならば、電荷を帯びていなくても、電流を流すことでイオン化することが可能です。

ビタミンCのイオン導入とは

肌の上で、マイナスの電荷を帯びたイオン化したビタミンCの溶液を塗ります。

その上に、電極を当て、体の一部をプラスの電極に触れさせます。

そして、肌の上に置いた電極にマイナスの微弱電流を流します。さて、どうなるでしょうか?

ビタミンCのマイナスと、電極のマイナスが反発し合い、ビタミンCは、電流と共に、バリア機能を突き抜けて、肌の奥まで浸透していきます。

これがイオン導入のシステムです。

最後に

ビタミンC誘導体と、イオン導入の優れた点は、何といっても大量の成分を肌の奥まで送り届けることができるからです。

塗っただけでは、たいていの成分が角質層までしか浸透されません。

しかし、イオン導入なら、100倍もの量を真皮まで送り届けることが可能となったのです。

電流が流れるといっても、微弱なため痛みは感じません。注射のように体に負担を与えるものではありません。

最近は、家庭用のイオン導入器が数多くみられるようになりました。自宅で手軽にケアできることも、イオン導入のメリットでしょう。

◆おすすめランキング情報

マイナス10歳肌♪美肌菌を増やす化粧水おすすめランキングベスト10

ワンランク上のビタミンC誘導体化粧水・美容液おすすめランキング9選

ピーリング初心者におすすめのホームピーリングスーパーランキング9選
ピーリングとは、古くなった角質を取り除き、肌の再生をうながす美容法として、注目されています。 ピーリングというと「怖い・危ない」という...